プロジェクトの準備


HOME > TIPS > How to make a ScreenSaver > プロジェクトの準備

スクリーンセイバーをつくろう

プロジェクトの準備

じゃ、作ってみようか!その前に、とーぜん、Developer Tool CD をインストールしてあることが必要だ。インストールしてあるなら、/Developer/Applications/Project Builder.app を起動してくれ。

新規プロジェクトを作る

新しいプログラムを書くには、まず新しいプロジェクトファイルを用意する。'File' メニューから 'New Project...' を選んで。すると、アシスタント(昔だったらウィザードか?)が立ち上がって、まずプロジェクトのタイプを聞いてくる。ここでは 'Bundle' の 'Cocoa Bundle' を選択する。

project.jpg

次に進むと、名前と保存場所を聞いてくる。なんでもいいんだけど、とりあえず、SSTest って名前をつけたよ。'Finish' ボタンを押せば、新しいプロジェクトが出来上がりだ。


ScreenSaver.framework を加える

プロジェクトが出来上がったら、左側の 'Group & Files' ってとこを見てくれ。いくつかフォルダがならんでるでしょ。ここには、プロジェクトに必要なファイルが登録されている。で、その中に Frameworks and Libraries ってのがあるでしょ。開いてみて。そうすると、'Linked Frameworks' ってのがあって、その中に 'Cocoa.framework' ってのがあるはずだ。そう、これが Cocoa の正体(?)だよ。この中のヘッダファイルを見れば、Cocoa でできることがすべて分かる(というもんでもないが)。

さて、スクリーンセイバーをつくるには、ここに ScreenSaver.framework を加える必要がある。'Project' メニューから 'Add Frameworks...' を選んでくれ。ファイル選択ダイアログが開くと思うんだけど、たぶん、デフォルトで /System/Library/Frameworks を差していると思う。この Frameworks を見ているだけで、Mac OS X でできることが想像できて楽しい。それはさておき、この中から 'ScreenSaver.framework' を選んでくれ。選択すると、どのターゲットに加えるかを聞いてくる。デフォルトの状態で(SSTest が選ばれている状態で)'Add' を押してね。これで、'Group & Files' の中に ScreenSaver.frameworks が加わったはずだ。


ターゲットの設定をする

最後にターゲットの設定をする。これは、何を作るか?(アプリなのかバンドルなのか)どうビルドするか?ってことを設定するんだ。

ターゲットの設定を変更するには、左側の横向きになってるタブから 'Targets' を選択する。そうするとターゲットの一覧が出てくるので(っていっても一つしかないわな)、SSTest を選択する。すると、ターゲットの設定がでてくるはずだ。

今回は、ほとんど変更しないんだけど、一ケ所だけ変える。デフォルトだと、出来上がるファイルの拡張子が '.bundle' になるんだけど、これを '.saver' に変えてやるんだ。これで、スクリーンセイバーのローダが、こいつを、セイバーなんだな、って認識できるようになる。
'Build Settings' のタブを選んで、下の方にスクロールすると、'Expert Build Settings' ってところがある。この中の 'WRAPPER_EXTENSION' の値を 'saver' に変えてくれ。

wrapperExtension.gif

これで、プロジェクトの設定はおしまいだ。