HMDT BOOKS:HMDT JOURNAL Vol.003

HOME > PRODUCTS > HMDT BOOKS > HMDT JOURNAL Vol.003

ここでは、書籍の内容の一部を紹介しています。本文をお読みなる場合は、HMDT BOOKSアプリケーションから購入してください。

HMDT JOURNAL Vol.003 - 書籍内容紹介

2012年3月2日配信

Mountain LionプログラミングをiOS 5から読み解く

mountain.png

唐突に発表された感のある次期OS XであるMountain Lion。その正体は、iOSとの統合を進めたOS Xであった。

であるならば、iOS 5との共通点を探っていけば、それはそのままMountain Lionの姿につながるだろう。来る時代のOS XプログラミングをiOSから読み解いてみた。

■Mountain LionとiOS 5

2012年2月16日、何の前触れもなくApple は次期バージョンのOS Xである「OS X Mountain Lion」を夏に発売すると発表した。Mountain Lionの新機能として特に10の機能を紹介。Developer Previewも即日公開された。現バージョンである「OS X Lion」の登場から一年足らずであり、iOSの話題が続いている最中でもあったので、多くの方にとっては意表をつかれるものだったと思われる。…

■10の新機能の裏側

Mountain Lionの新機能として真っ先に挙げられているのは、iCloudだ。Mac、iPad、iPhoneの3種類のデバイスで、共通のデータをiCloudで同期させながら使うことができる。これは、他の機能の紹介でも大きくプッシュされている特徴だ。

iCloudのプログラミングという観点から言うと、これはLionおよびiOS 5で完成されている。実用可能なiCloudの機能は、すでにCocoaフレームワークに組み込まれている。これは、本誌でも紹介している通りだ。…

■Mountain Lionのためにいまからできること

Mountain Lionのキーワードを1つあげるとしたら、「共有」ということに尽きるだろう。iCloudによる、Mac/iPhone/iPadでのドキュメントの共有。共有シートとTwitterによる、他のユーザとのコンテンツの共有。…

Keywords: Mountain Lion、iCloud、オープンダイアログ、メッセージ、IMServicePlugIn、Instant Message、リマインダー、Calendar Store、Event Kit、メモ、通知センター、Push Notification Service、Local Notification Service、共有シート、Accounts、Twitter、Game Center、Game Kit、AirPlayミラーリング、Audio Video Bridging、IEEE 802.1 AVB、IEEE1722、Gatekeeper、Develper ID

iOS API探訪 第3回:iCloud (3) ファイルベースの同期

icloud.png

iOSには多種多様なフレームワークが用意されている。それらを実例とともに紹介していくのが、この『iOS API探訪』だ。

今回はiCloud上のファイルがどのように同期しており、かつ安全なアクセスをどのように保証するかを解説する。

■ファイルベースの同期

iCloudは、前回説明したようなNSUbiquityKeyValueStoreのような単純な構造の同期だけではなく、もっと広範な同期機構を備えている。今回はそれらのうち、ファイルベースの同期と呼ばれるものを詳しく説明しよう。

ファイルベースの同期は、とても単純でプリミティブなものだ。iCloudは、ファイルの同期を行うあるディクレトリを提供している。そのディレクトリの下にファイルを置くと、他のデバイスと自動的に同期してくれるのだ。…

■iCloudファイルURLとローカルファイルURL

iCloudプログラミングでは、ファイルをどこに置くか、つまりファイルのURL、がとても重要になる。なぜなら、複数デバイスにまたがるファイルを一意に表すものは、このファイルURLしかないからである。ファイルURLがIDのような使われ方をする、と言ってもいいだろう。

サンプルであるCloud Photoは、1つの画像ファイルを同期するものとする。そこで、この画像ファイルのURLを決定しよう。imageURLというメソッドを実装して、そこから取得するものとする。…

■ファイル出現の検出

利用するファイルURLは決まったが、アプリの起動直後はファイルはないだろう。その後、写真を撮影して保存することでファイルが出現する。

このとき他のデバイスから見ると、iCloud同期によりUbiquityディレクトリに突如としてファイルが出現することになる。これをどのように検出するか? もちろん、タイマーを回してUbiquityディレクトリを見張る、という手段でもできないことはない。だが、スマートではないだろう。…

Keywords: iCloud、Ubiquityディレクトリ、URLForUbiquityContainerIdentifier:、Mobile Documents、Cloud Photo、NSMetadataQuery、NSMetadataItem、NSMetadataQueryUbiquitousDocumentsScope、NSMetadataQueryUbiquitousDataScope、NSPredicate、setSearchScopes:、NSMetadataQueryDidFinishGatheringNotification、NSMetadataQueryDidUpdateNotification、NSMetadataUbiquitousItemIsDownloadedKey、NSMetadataUbiquitousItemIsDownloadingKey、startDownloadingUbiquitousItemAtURL:error:、NSFilePresenter、presentedItemURL、presentedItemOperationQueue、presentedItemDidChange、NSFileCoordinator、addFilePresenter:、setUbiquitous:itemAtURL:destinationURL:error:、coordinateWritingItemAtURL:options:error:byAccessor:、coordinateReadingItemAtURL:options:error:byAccessor:

たのしいiPhoneプログラミング 第3回:初めてのアプリ

enjoy.png

いまから始めるiPhoneプログラミング!プログラミングが初めての人でもできるように、一歩一歩進んでいく連載だ。

今回は、いよいよ実際にアプリを作ってみよう!

■とりあえずアプリを作ってみよう!

前回までで、Xcode のこととか、アプリをビルドする手順とか、ざっくり理解できたかな?

じゃあ、何はともあれ、1つアプリを作ってみようか! 動くものがないとつまらないからな。新しいことを勉強するには、モチベーションを保つことが大事だ。…

■新規プロジェクトを作ろう!

アプリ作りで最初にやることは、新しいプロジェクトを作ることだ。Xcodeを使ったプログラミングでは、とにかくプロジェクトを作らないと始まらないんだよ。…

■フレームワークを追加しよう!

新規プロジェクトができたら、最初にやっておきたいのはフレームワークの追加だ。

フレームワークっていうのは、アプリで使えるように色々な機能をパッケージにまとめたようなものだ。例えば、iOSアプリで基本となるフレームワークはFoundationとUI Kitだ。この2つをまとめて、Cocoa touchって呼ぶ。あと、グラフィック関係をサポートしてくれるCore Graphics っていうフレームワークもある。…

Keywords: iPhoneプログラミング入門、Twitterアプリ、プロジェクトテンプレート、Single View Application、フレームワークの追加、ユーザインタフェースのレイアウト、Interface Builder、アウトレット、アクション

ユーザインタフェース向上委員会 第2回:Clearを作る

ui.png

世の中に登場している、便利で美しいインタフェースを紹介し、かつどうやって実装すればよいのかを解説する連載だ。

今回は、登場直後に一世を風靡したClearを取り上げよう。Clear風ユーザインタフェース実装の仕方を探る。

■Clearとは

Clearは、Relalmac Softwareから登場した、iPhoneアプリだ。リリース日は2012年2月16日。リリースと同時に、瞬く間に一世を風靡した。

Clearは、アプリのジャンルとしては、To doアプリケーションということになるだろう。だが注目すべきはTo doの機能に関わるところではない。特筆すべきはそのユーザインタフェースだ。…

■JTGestureBasedTable Viewの構造

まず、JTGestureBasedTableViewの構造を理解しよう。模倣したものと紹介したが、コードはきれいであり、再利用しやすい設計になっている。

まず、テーブルの表示だが、これはUITableViewを使っている。専用のビューを作るという方針もあったと思うが、あえて標準のテーブルビューを使っているようだ。サブクラス化も特にしていない。すべての実装は、UITableViewCellと、ジェスチャーアクションで行っている。…

■ジェスチャー操作の実現

では、ソースコードを見ていこう。まずは、JTTableViewGestureRecognizerからだ。

始めに行う必要があるのは、ジェスチャーの追加だ。これはUITableViewに対して行う。UITableViewはUIScrollViewを継承しているので、デフォルトでピンチやパンといったジェスチャーに対応しているが、これにさらに加える形になる。…

Keywords: Clear、JTGestureBaseTableView、JTTableViewGestureRecognizer、TransformableTableViewCell、ピンチして挿入、スワイプして削除、長押しによる移動、アフィン変換による射影変換、m34

Copyrights © 2012 HMDT Co., Ltd. All rights reserved.

HMDTアプリケーション

icon512.png
HMDT BOOKS