HMDT - Logic and Intuition -

about HMDT

Cocoa Programming Tips 1001

Application Kit

NSFont

Application Kit - NSFont

日本語フォントを使う

Keywords: NSFont, ヒラギノ

Mac OS Xを日本語で使う強みは、きれいな日本語フォントが標準で添付されている事。ヒラギノのフォントの表示は、美しく、読みやすい。

Cococaでフォントを指定するには、NSFontクラスを使う。このクラスには、fontWithName:size:というメソッドがあって、名前を使ってフォントを指定する。

では、ここで問題。日本語フォントのためのNSFontを作るにはどうしたらいいのか?たとえば、「ヒラギノ角ゴPro」というフォントがあるけど、この名前を直接さっきのメソッドに渡す訳にもいくまい。

答えは、それぞれの日本語フォントには、英文表記での名前もある。それを使う。そこで、インストールされている日本語フォントの英文表記名を調べてみた。

  • ヒラギノ角ゴPro W3
    HiraKakuPro-W3
  • ヒラギノ角ゴPro W6
    HiraKakuPro-W6
  • ヒラギノ角ゴStd W8
    HiraKakuStd-W8
  • ヒラギノ丸ゴPro W4
    HiraMaruPro-W4
  • ヒラギノ明朝Pro W3
    HiraMinPro-W3

この名前を使えば、ソースコード中で日本語フォントを作ることができる。たとえば、ヒラギノ角ゴPro W3を使いたかったら、

(sample)

NSFont* font = [NSFont fontWithName:@"HiraKakuPro-W3" size:12.0f];

ってすればいい。

フォントの名前を調べるには、Font Bookアプリケーションを使うという手がある。Font Bookでフォントを選んで、[プレビュー]→[フォント情報を表示]メニューを選択。それで出てくるフォント情報の中の、PostScript名ってのが求めるやつだ。

back to top content

Copyright © 2002-2006 HMDT. All rights reserved.