HMDT JOURNALはiBooks Authorで作成 | HMDT Blog

HMDT JOURNALはiBooks Authorで作成


HMDT JOURNALのコンテンツは、iBooks Authorで書かれている。そう決定するまでは、色々と考えた。

もともとは、去年の後半から作り始めていたから当然iBooks Authorはなくて、XHTML + 独自レンダリングエンジンっていう形で書いていた。将来的にePubに拡張するため。そのとき思っていたのが、

  • リフローは必要か?
    レイアウトをこればこるほど、リフロー後の崩れが気になる。
  • 縦横回転は必要か?
    これもレイアウトを気にかけるほどに、回転後の崩れが気になる。
  • ページネーションは必要か?
    どうせXHTMLなんだから、ブラウザで見るのと同じように縦スクロールさせればいいんじゃないか。
  • ソースコード見にくくないか?
    iPadの縦にあわせてレイアウトすると、ソースコード書くには幅が狭い。横にあわせると、一段組みだと本文が読みにくくなる。

うーん、なんかうまくないなー、と思っていたときに出たのがiBooks Authorだった。iBooks Authorは一言で言えば、

  • iPad横画面固定
  • ページネーションあり
  • リフローなし
  • 段組みあり
  • レイアウト柔軟

となる。縦画面もあるけど、横と縦は完全に別もの扱いになっている。

これでいいかな?これでいいじゃん!ということで、iBooks Authorを使うように、急遽方針を大転換した。iBookstoreが始まっていればそこで売るんだけど、始まっていないんでPDFに書き出してアプリにダウンロードさせて売る、ってことにした。

いまアプリから購入した人に、.ibooks形式のファイルもダウンロードさせたくはあるんだけども、Appleが何か言ってくると嫌なので、現在保留中。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。