ブログではご無沙汰していましたのと、新しいお仕事を始めたいです | HMDT Blog

ブログではご無沙汰していましたのと、新しいお仕事を始めたいです


ブログではご無沙汰しております。まだHMDT株式会社、存続しております。最近は、TwitterやFacebookばっかりで、こっち更新してなかったですね。


最近の活動なんですけど、何度か報告してましたけど、DropTalkっていうアプリをかなり力を入れてやってました。これは障害児向けのAACアプリ、特にVOCAアプリなんですけど、っていっても障害児教育に知識ある人じゃないと分からないですよね。私も、初めは訳も分からずやってました。ですが、全国の特別支援学校にお邪魔したり、障害を持つ子たちの保護者の方にお会いしたりするうちに、少しずつ分かってきました。今は、DropTalkを必要としている子がいるならば、なんとか頑張って継続して開発していきたいです。まぁ、お金の面も含めて、なかなかに難しいんですが、どうにか知恵を絞ります。

もう一つ、9月の末に『本郷レコード』っていうアプリをリリースしました。これは完全に私の趣味のアプリで、アプリを使って仮想のレコード屋さんを作ってやろう、というコンセプトです。技術的に言うと、Apple Musicのプレイリスト共有アプリなんですがね。そのまま作ってもつまらないので、東京都文京区本郷にある、クラシック専門のレコード店『本郷レコード』を再現しています。頑固な老店主がいまして、自分の好きなアルバムを並べた棚を混成込めて作っているんですよ。この棚の並び順とか、それぞれにつけたポップのウンチクとかが売りです。このアプリは、開発よりもその後の運営の方が大事になるタイプなので、日々コツコツとアルバム並べたり、ポップを書いたりしています。ま、これが最高に楽しいんですけどね。趣味ですから。

そんな訳で、DropTalkと本郷レコードという自社製品を集中して作ってたんですが、どうやらひと段落つきました。つきましては、また何か新しいお仕事を始めようと考えています。もしなにかお仕事をご一緒できる方がいましたら、ぜひご連絡ください(mkino@hmdt.jp、または、@mkino)。弊社は、iPhone、Android、macOS、Windows向けのアプリを開発している会社です。iPhoneは10年以上、macOSは15年以上の開発経験があります。特にiPhoneは、最初のSDKが公開される前から開発を開始しており(JailBreakでやってた)、その技術やApp Storeの変遷を、ずっと最前線で体得してきました。携わったアプリの数は200を超え、分野は多種多様に渡ります。ゲーム以外はほとんどすべてやってきたんではないか、と自負しています。

そのうち、DropTalkと本郷レコードの技術的なバックグラウンドを解説する記事を書こうかと考えています。期待しないで待っててください。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。