WWDC二日目:バイバイNEXTSTEP(うわべだけ)


WWDC二日目です。会場をMosconeに移して、セッションやラボが山盛りに開催されています。やっぱり、Mosconeに来るとしっくりきますね。ホーム感があるわぁ。

IMG_4367

セッションは、一回の時間が短くなったんですね。40分くらい。それが一時間おきに組まれます。このくらいの方が、集中力が保たれていいかな。途中で眠くなる前に終わる感じです。

初日は新機能を中心に回ってみましたが、やっぱり気になるのはSwift 3でしょうか。Xcode 8をダウンロードして、試しに手持ちのコードをビルドしたら、出るわ出るわエラーの嵐。Cocoaの関数名や定数名を全部変えてきています。いったいどうなってんねん、とセッションを聞きに行ったら開口一番「Grand Renaming」。そうすか、またすか。

SwiftのAPIデザインガイドラインなるものを制定して、CocoaのAPIをすべてSwiftyにしたとのこと。たしかに今までObjective-Cそのままだったから、新しい名前の方がとても馴染むのは分かるけど、それを本気でぶっこんでくるか。でも、古いソフトウェアをそのままほったらかしにせず、常に手を入れて最新のトレンドに合わせていくのは、とても大切なことです。オーバーホールですな。

そんな流れで、いくつかのクラスから「NS」の接頭子が外れました。NSDataではなくてData、NSCalendarではなくてCalendarになります。NSは、もう知らない人の方が多いでしょうが、NEXTSTEPの意味です。そうか、ついにNSの名前も消えちゃうのか、と思ったらそうではないらしい。新しいDataやCalendarは値型でより軽量にアクセスするための構造体で、背後ではNSDataやNSCalendarが作られています。これらはCopy on Writeになるので、暗黙的なmutationが利用できるようになります。

目に付かなくなったけど、まだまだ背後で活躍するNSのクラス群。ジョブズの遺産は、Swift時代になってもその姿を変えながら、連綿と残り続けます。

おまけ。お昼は飲茶でした。

IMG_4368

 

Yank Sing

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。