Apple Watchをして走ってきた


発売日の4/24に無事Apple Watchを手に入れた。早速セミナーとかやってきた。で、今日はAppel Watchを付けて、走ってきた。

仕事を別にすれば、Apple Watchの目的はこれ。ここだけの話だけど、5年ほど前から趣味でランニングをやっております。目的はダイエット。立派な中年プログラマなので、腹周りが気になるのです。だからApple WatchもSportsモデルにした。Apple Watchとのランニング生活はどんなものか? 色々と試してみたいところ。

まず、とりあえず、Apple Watch単体で走ってきてみた。iPhoneは、あえて置いていった。iPhone 6 Plusなんで、大きすぎるんだよね、走るのに持ってくのは。

Apple Watch Sportsの42mmモデルなんだけど、重さは気にならない。軽いとは言えないけど、気になる重さではない。少しきつめに締めると、フィット感もいい。走っているときにずれる感じはなかった。

ご承知の通り、Apple Watchは母艦たるiPhoneがないいと、できることがかなり限られる。ネットにつなげないし、GPSも使えない。でも、ランニングに関しては、それほど気にならないかな。経過時間、走行距離、心拍なんかは計測できる。走った道をマップにログできないのは残念だけど。

ワークアウトアプリを立ち上げて走ると、こんな感じで記録できる。

running

経過時間、ペース、距離、カロリー、心拍数なんかがわかる。距離はデフォルトだと、マイルで表示された。キロに変更するのは、どこでやればいいのかわかんねー。

走っていると、1マイルごとに手首をタップしておしえてくれるのがいいね。

    • 破壊王
    • 2015年 4月27日

    楽しいSwiftプログラミングの本を購入したものです。
    7−4−4 テーブルのデータソースメソッドを実装しよう!で動画の通りやっていても、どうしてもエラーが出てしまいます。
    アプリの方でコメントをしても何もご返答がなく、エラーにどう対処してよいかもわからず困っています。
    以前のブログにも書き込ませていただいたのですが、どのようにしたらよいでしょうか?
    もうこの本を諦めて別の本を買おうかと考えております。

      • mkino
      • 2015年 4月28日

      XcodeとSwiftがバージョンアップしたため、旧来のコードではエラーが発生したり、説明と画面に食い違いが生じていました。

      『たのしいアプリプログラミング 〜 Swiftではじめよう!』のコンテンツを1.6にアップデートして、Xcode 6.3とSwift 1.2に対応しました。そちらを確認してみてください。

    • ヒロ
    • 2015年 5月8日

    WatchKitでお試しアプリを作っています。
    トレーニング中はiPhoneなんか持っていたくないので、Apple Watchでトレーニングメニューの表示と実行結果の入力をすることを目論んでます。
    でも、iPhoneと離しちゃうとExtensionが動かないのでダメなんでしょうか?
    実機がまだ届かないので、動作がよくわからないのです。

    下記と認識してます。
    Extension:iPhone上で動作
    WatchKit App:watch上で動作だが、現状画面(Storyboard)しか書けない

      • mkino
      • 2015年 5月8日

      iPhoneがいない時点で、アプリ起動しませんね。
      現在のところ、自分で作るアプリは、iPhoneなしでの動作はあきらめましょう。

        • ヒロ
        • 2015年 5月8日

        やはりそうですか。起動すらしないのですか。ガッカリです。
        (最小限の機能から公開されるのはいつものことですが)
        ワークアウト系のアプリには必須な機能なので、今度のWWDCで良い発表があることを期待します。

  1. トラックバックはまだありません。