カテゴリー : 2015年 9月

HMDTがApple TVに興奮しているワケ


Apple TVなんですけど、うちの会社内で盛り上がっています。なんと! 先日、Developer Kitの抽選に当たったとの連絡がありました。イェイ! 数日中に送られてくる模様です。

apple-tv-siri-remote-tvos-0001

なんとなくネットの空気としては、それほど期待されていない感覚が漂うApple TVですが、HMDTでは大変注目しております。なぜか?

まず最初に言っておきますと、正直、テレビ機能なんてどうでもいいんです。テレビ見ないし。日本ではしばらくロクなサービス始まらないだろうし。Apple TVって、テレビって自称している割には、テレビとして最重要機能であるはずのチューナーもないですしね。

つまりは、単純にAppleが提供する新しいプラットフォームの一つなんですよ。いままでは位置付けが不明瞭でしたが、アプリ開発を解放したおかげで明確にプラットフォーム化されました。これでAppleのプラットフォームは、Mac、iPhone/iPad、Apple Watch、Apple TVの4つですね。

Apple TVプラットフォームの特徴は、

  • 大画面スクリーンを使うこと(40インチから70インチ)
  • 入力デバイスとしてリモコンを使うこと、

です。つまり、みんなで使うデバイスってことですね。パーソナルデバイスではない。リビングとか、教室とか、会議室で使うものです。

こういうデバイスが、いままで微妙になかったんですよ。そりゃ、MacをプロジェクターやTVにHDMI接続することはできますが、いまいちチグハグ感がぬぐえなかった。たとえば、プレゼンでKeynote再生している間はいいんだけど、それが終わるとパーソナル環境が白日のもとにさらされちゃうんですよね。プレゼンが終わった瞬間にMacを引っこ抜きたくなる衝動にかられた人は、きっといるはず。

あと、リモコンですね。片手で遠隔操作できるユーザインタフェースというのは、意外になかった。iPhone/iPadは、スクリーンとくっついているし。Macのマウス+キーボードは、机に座ってじっくり使うのがあっている。みんながいる空間で、同じところを見ながら操作するには、確かにリモコンが似合っている。

リモコンなんて古臭い、というなかれ。Siri Remoteにはタッチサーフェースがついている。これによって、従来のボタン型のリモコンに比べて、圧倒的な表現力を手に入れたんですよ。Siri? Siriなんぞどうでもいいんです。このリモコンは、ほんとはTouch Remoteと呼ぶべきだ。

というわけで、いままでにないカテゴリに踏み入るApple TVプラットフォームは、刺激的で、うちで作っているアプリにぴったりです。全力で対応中。というか、おぉこんなことができるぜ、と言いながら遊び中。

歴代iPad/iPhoneデバイスの画素数での大きさ比較


iPad ProやApple TVが相次いで発表されたけど、最近のデバイスはでかい。正確にいうと、画素数が多い。

どのくらい多くなったのか、比べてみた。Xcdoe 7.1ではiPad Proのシミュレータがついてくるので、これを使って歴代のiPadの大きさを画素数ベースで比較してみた。

ipadpro

 

大きくなってるねー。初代サイズ(iPad 2)と比べると、隔世の感がすごい。

ついでに、iPhone系のデバイスも比べてみた。

iphone6splus

 

こちらも大きくなった。何気に、iPhone 6sとiPhone 6s Plusの差がすごい。デバイスサイズはそれほど変わらないけど、画素数で比較するとかなり差がある。

Apple WatchがiPhone 3Gにせまる画素数になっているのも驚きだ。テクノロジーの進歩がわかりやすく実感できる。

さてここで、大きい大きいといってもあまり実感できないかもしれないので、iPad ProをiMac 24インチと比べてみよう。

ipadpro_vs_imac

でかっ! でかいよこれ! 画面に収める気がまったくないだろ。

ついでに、Apple TVも比較してみよう。

appletv_vs_imac

こんなもんだ。十分に収まる。通常のTVにあわせて、1080pだからな。

こうやって比較すると、iOSデバイスの異様な画素密度がよく分かる。遠くに置くデバイスよりも、手元にあるデバイスの方が稠密にする必要があるんだね。

 

 

iOS 9対応ビルド、ひたすらアップロード中


先日行われた9月10日のイベントで、iPhoneやらiPad Proやら登場しましたが、無事に新しいiOS 9の公開日も決定しましたね。それは9月16日! この時点で、公開まで6日しかないぜ。いつもより短い!

イベント後、Xcode 7 GMが公開されて、さぁ即日ビルドするぜ! と勢い込んだものの、その日はいまだiTunes Connectではビルド受付せず。えー、なんでー。と、しょぼくれていたら、12日に「これからアプリの申請受け付けるよーん」というメールがAppleから届いた。この時点で4日前。

でも12日は土曜日だったので、動きが取れず。週明けの本日月曜日になって、朝一からビルドしぃの、アップロードしぃの、リリース書きぃの、とモリモリやっております。しかし、すでに公開まで2日前。これ、間に合わないよね、きっと。申請受付が遅すぎるんだよ、Apple。

さて。iOS 9の便利機能の一つは、スライドオーバーと、スプリットビュー。iPadで使える画面分割マルチタスクってやつですね。弊社の国語辞典アプリ『大辞泉』も対応しました。こんな感じで、Safariを使いながら辞書を使うことができるよ。

daijisen_slideover

『大辞泉』特有の、一画面に検索語と語釈を表示する仕組みが、この機能にベストマッチ。知りたい言葉をさっと調べることができてるね。いや、ほんと便利だよこれ。

バージョンアップした『大辞泉』は、審査通過次第公開です。