カテゴリー : 2014年 12月

『たのしいアプリプログラミング 〜 Swiftで始めよう!』公開から2週間の状況


icon512 icon512

『たのしいアプリプログラミング 〜 Swiftで始めよう![有料版][無料版]』は、公開から2週間ほど経ちました。ダウンロードしていただいた方、ありがとうございます。

で、現在の状況なんですが、まぁ気になるのはダウンロード数ですよね。紙の本が発売された後の書籍のアプリ化ということで、セールス的には厳しいだろうな、と思っていましたが。

で、蓋を開けてみたら、現時点で購読者数(有料版ダウンロード数+無料版完全版購入者数+紙の書籍を買った方向けのライセンスコード発行数)が、700を超えました! 最初の目標を1,000に置いていたので、悪くないかな、と。

紙の方は初版3,000部がほぼはけたらしいので、その1/5か1/4程度は出たということですね。まぁ、長く売れるコンテンツだと思っているので、この後数ヶ月かけて伸ばしていきます。

アプリの方は、着実に機能向上中。検索機能は実装済み。コメント機能は、7割方できたってとこかな。でも、iTunes Connectがクリスマス休暇中だから、申請できません。再開したら、バージョンアップかけますね。

『最新iOSプログラミング徹底解説』の見本をいただいた


技術評論社様から、『最新iOSプログラミング徹底解説』の見本をもらいました。ありがとうございました。Xcode 6とiOS 8に対応した、初心者の次のステップをターゲットにしたらしい、解説書です。12/24あたりに発売らしいですね。

著者は、新居雅行さん。新居さんといえば、私のMacプログラミングの先生で、この方の著書に出会ったのが最初のきっかけでした。もう20年くらい前の話かー。

昔話はさておき、この本はiOS 8とXcodeでプログラミングする際に、有用で実践的な情報がちりばめられています。サンプルコードも多いし、動作説明も微に入って細ってます。ただ、唐突に話が始まって、いきなり話題が飛んだりするので、最初から順に読んでいくというよりは、実際にアプリ作りながら、どうすればいいか困ったときに読むといいんじゃないかな。

基本的にObjective-Cです。Swiftも触れられてはいますが、ちょっとだけですね。全部Swiftにしてもよかったんじゃないかな。

いい本ですし、役に立ちますが、こういう本こそ『たのスイ』のアプリ版みたいに、電子版またはアプリ版になってくれればいいのになー。アプリにして、Objective-C editionとSwift editionの2つがあったりしたら面白いのに。

 

『たのスイ』revision 1.1公開。説明の追加や誤植の修正など


公開から一週間が過ぎました、アプリ版『たのしいアプリプログラミング 〜 Swiftで始めよう!』。おかげさまで、たくさんダウンロードしていいただいています。

で、誤植や、説明が不足しているという指摘が出てきましたので、さっそくコンテンツの更新を行いました。revision 1.1です。これ、ややこしいですが、アプリのバージョンとは別です。テキストの内容は、別途更新していきます。

更新の仕方は簡単で、『たのスイ』アプリを起動してください。新しい版が見つかった旨を表すアラートが表示されるので、「更新」ボタンを押せば完了です。もし、このアラートが一瞬で消えてしまったら、設定画面の「コンテンツの更新を確認」からもう一度表示することができます。(この不具合は、アプリバージョン1.0.1で修正されます)

revision 1.1での更新内容は、以下の通り。

  • 1-4-1 誤植の修正
  • 1-4-1 昔のMacの話をちょっと追記。昔ってのは、Mac OS 6とか7のころね
  • 3-6-2 誤植の修正
  • 3-6-3 辞書の文法を修正。Dictionaryのジェネリックを使うものではなく、「[:]」を使うものに変更。
  • 7-5-3 Webビューの自動レイアウトについての説明と図版を追加

今後も、誤植が見つかったり、ここ分かりにくいよ、っていう指摘があったら、随時更新しますので。

『たのスイ』1.0.1申請中。iPadでのライセンス発行問題に対応。


icon512 icon512

『たのしいアプリプログラミング 〜 Swiftで始めよう![有料版][無料版]』ですが、昨日公開されたばかりですが、早速1.0.1を申請中です。内容としては、

  • iPadでライセンス発行を行うとき、奥付けの撮影でクラッシュする問題の修正
  • ページ遷移で以前のページに戻ったときに、表示位置を維持するように変更
  • 書籍コンテンツが更新されたときに、アラートが一瞬表示されて消えることがある問題の修正

が、含まれます。

iPadでライセンスの発行ができない方は、このアップデートを待っていただくか、または共有コードと奥付けの写真を、メールでこちらのアドレス(hmdtbooks@hmdt.jp)に送っていただければ別途対応します。

このアップデート、一週間くらいで審査してくれるといいんですけどね。

『たのしいアプリプログラミング 〜 Swiftで始めよう!』公開開始!


icon512  icon512

大変お待たせしました。『たのしいアプリプログラミング 〜 Swiftで始めよう![有料版][無料版]』のApp Storeでの公開が始まりました。11月の上旬に申請したから、1ヶ月近くかかりましたよ。

このアプリ『たのしいアプリプログラミング 〜 Swiftで始めよう!』は、10月に発売された紙の書籍『たのしいSwiftプログラミング』のアプリ版です。なんでタイトルが変わっているかというと、紆余曲折がありまして。オリジナルのタイトルだとAppleの審査が通らなかったので、変更しました。「Swift」がAppleの商標だからですね。なので、この語を副題に移しました。

このアプリは、プログラミングの解説書を電子で読むための読みやすさを追求して、あえて電子版ではなくアプリ版という形にしたものです。主な特徴は、

  • 縦スクロールのリフロースタイルなので、ソースコードが読みやすい。iPhoneを横にすれば、長い行もきれいに表示されるよ。
  • サンプルアプリを、アプリの中で動作させることができる。その場ですぐに、動作確認できるよ。
  • Xcodeの操作を解説したビデオを再生できる。解説ビデオを見ながら本文を読むことができるよ。

あともちろん、最新のXcode 6.1に対応済みです。紙の書籍を出したときに、ここが一番泣かされたところでしたね。さらに、紙の書籍と比べると、結構あちこち書き直しています。質問があったり、分かりにくいかな、と感じたところを、手を入れています。自動レイアウトのとこなんかは、全面的に書き直してしまいましたよ。

アプリは、有料版無料版の2つの形態で配布しています。有料版は、購入したらすぐ全部読めます。無料版は、1章まで無料で読めます。それ以降は、アプリ内課金で購入してください。購入しちゃえば、どちらも内容は同じです。

あと、紙の書籍を購入していただいた方々。こちらの方々には、無償で全部読めるようにします。これは、一度書籍を購入したら、電子の形態のものは、どこでも読めるようにすべきだろう、という弊社の方針に則ったものです。で、その手順なんですが、まず無料版の方をダウンロードしてください。そうすると、設定画面に「ライセンスコードを発行する」という項目があるので、そちらを選択してください。あとは、そこに書いてある手順の通りに進めてください。

そして、大事なお知らせ。アプリの価格ですが、紙の本が2,800円(税抜き)だったのに対して、アプリの方は、1,800円です。1,000円安い。さらに、今日から二週間、12/2524まで公開開始記念セールを行います。1,400円になります。紙の本に対して、半額です。

ようやく公開にこぎ着けましたが、『たのスイ』は、まだ終わりじゃないです。これからどんどんバージョンアップします。検索機能はすぐに付けますし、コメント機能も実装中です。さらに、Mac版や本棚タイプのアプリも登場します。そして、『たのスイ2』の執筆も開始しています。もちろん、質問やコメントが付けば、本文はどんどん更新していきます。一回出したら終わりではなく、育っていく本を目指しています。

ということで、『たのスイ』をよろしくお願いします。(こんなにブチ上げちゃって、だいじょうぶかな……)

『たのスイ』アプリ版、リジェクトくらう


審査に提出していた『たのスイ』アプリ版、ようやく動きがあったと思ったら、リジェクトくらいました。泣けます。

リジェクト理由は主に2つ。まず、「製品のタイトルにAppleの商標が入っている」。「Swift」のことですね。iBooks Storeの方にSwiftの名前が付いた本が色々と上がっていたので大丈夫か、と思っていたら、App Storeではダメでした。

しばらく悩んだ後、『たのしいアプリプログラミング 〜 Swiftで始めよう!』に変更しました。ということで、いきなりですが、アプリの名前が変わりました! 『たのしいアプリプログラミング』です! でも、略称は『たのスイ』のままで。

もう1つのリジェクト理由は、「ただの本はiBooks Storeで販売しろ」。単純に本をアプリ化したものは、App StoreじゃなくてiBooks Storeでやれ、ということですね。

もちろんiBooksは検討したんだけど、サンプルアプリを内部で動作させるとか、ストリーミングムービーを見ながら読めるとか、iBooksでは実現できない機能を実装したからアプリにした、ということを説明。この説明が受け入れられるだろうか。

という説明書きを加えて、再提出へ。バイナリは変更しないで済みました。

これで通るかなー。もし通らなかったら、Kindleで販売するか、それか書棚アプリへ転換するか、ってとこかな。

Xcode 6.2でまたSwiftのAPIが変わるかも


『たのスイ』アプリ版は、いまだ動き無しです。

先日公開された、Xcode 6.2 beta + iOS 8.2 beta。Watch Kit対応がメインのベータ版ですが、こいつでもSwift関連を試してみました。

そうしたら、またAPIが変わっているところがあったよ。iOS 8.0から8.1になったときも、SwiftのAPIが変わって書籍の対応にてんやわんやだったけど。8.2でもまたそういうことがあるかも。まだベータだから分からんけど。

まぁ、変更っていってもオプショナルの「?」が付いたり消えたりする程度なんだけど、コンパイルが通らなくなるからな。自分のコードだったらちょっと書き換えれば済む話だけど、書籍に載っているコードだとそういう訳にはいかない。あぁ、もう、ひどい話だ。

でもアプリ版なら、あらかじめ対応したコンテンツを用意しておいて、Xcode GM公開と同時に更新すればいい。電子って素敵。紙の書籍の方はどうしようもないけど、アプリ版への無償移行パスを用意しているから、それで勘弁ね、ってことで。

ほんと、これからの技術書は、電子版がないとどうにもならないんじゃないかな。