カテゴリー : 2014年 11月12日

『たのしいSwiftプログラミング』アプリ版もうすぐ申請


『たのしいSwiftプログラミング』ですが、紙の書籍はおかげ様で好調で、重版が決まりました。もうすぐ入校するらしいです。重版は、Xcode 6.1およびiOS 8.1に対応すべく全部ソースコードを見直しました。

同時に、お問い合わせが多いのが、電子版について。思ったより作業量が多くて手こずっていますが、もうすぐ完成します。なので、その内容のご紹介。

『たのスイ(略した)』の電子版は、まずアプリとして出ます! つまり、アプリ版です! App Storeで売ります。なぜ、iBooksやKindleではなくアプリなのか? それは、プログラミングの電子書籍として、どうしてもやりたいことがあったからです。

まず、電子書籍としての表示方法は、リフロー型で縦スクロール型。縦にスクロールしながスイスイ読めるぜ! 節毎にページが分かれていて、スワイプで前後の節に移動する形だ。

happyswift

つまりページネーション(画面のサイズを1ページとして分割して、めくりながら読むやつ)は、やらない、と。なぜか? それは、プログラミングの本だから、ソースコードを読ませたいから。紙の本だと、どうしてもソースコードがページの途中で分割しちゃうでしょ。あれが嫌だ。電子版ならそれが回避できるぜ!

さらにリフロー型なんで、iPhoneであっても画面を横にすれば、きれいな形でソースコードを見ることができるよ。

happyswift_code

さらに!『たのスイ』ではXcodeを操作する手順をビデオとして公開している。これも埋め込んだ。解説動画を見ながら、本文のテキストを読むことができるんだ。

happyswift_video

 

画面上部に表示されているのがビデオ。その下にあるのがテキストね。ビデオ再生しながら、テキストをスクロールして読めるよ。

まだある! プログラミング解説書には、サンプルのアプリがつきものだ。その動作って、手っ取り早く試してみたいよね。でも、ビルド環境が整っていないと、なかなか動かせなくていらつくこともある。

そこで! 電子書籍だから、その場でサンプルアプリを動かせるようにした。テキスト中に、こんな感じでアプリアイコンがある。

happyswift_sample1

これをタップすると、その場でサンプルアプリが立ち上がるぞ! モーダルビューとして表示してるんだね。

happyswift_sample2

 

という訳で、プログラミングの本らしくこういったことをやりたかったので、iBooksやKindleではなく、アプリ版にしました。あと本文の内容としては、Xcode 6.1およびiOS 8.1に完全対応したし! Yosemiteにも完全対応したし(スクリーンショット全部撮り直した)! 本文の分かりにくかったところを修正、および追記もしたし! 実質改訂1.1版ってとこだね。

アプリはiPhone版とiPad版で登場。もちろん、iPhone 6およびPlusに対応。有料版と無料版(立ち読み用)で登場予定。後日Mac版も登場予定。紙の本を買っていただいた方には、何らかの方法で読めるようにする予定。iOS版かMac版のどちらかを買えば、もう片方も読めるようになる予定。

値段は、まだ公表できないですが、紙よりは安くなります。

あと、将来の話ですが、コメント機能をぜひ追加したいです。『たのスイ』の内容に関する問い合わせは、メールやブログのコメントではなく、集約できる場所が欲しいので。Cloud Kit使えば簡単に作れると思うんだ。