8月 | 2013 | HMDT Blog

カテゴリー : 2013年 8月

iOS『大辞泉』のOS Xへの移植を試みる


世間様は夏休みだけど、変わらず仕事をしております。でも、なんか気分的に乗ってこないので、いままでやりたかったんだけど時間がなかったから保留してたものをやってみた。

それは、iOS『大辞泉』の、OS Xへの移植。iOSアプリもOS Xアプリも、プログラミング言語としてはObjective-C+C言語を使っている。さらにCore GraphicsやCore Textといった下位レイヤーのフレームワークは共通なので、移植のハードルは低い。大きな問題になるのは、ユーザインタフェース。UI KitとApp Kitというフレームワークの違いもさることながら、タッチ操作とマウス操作というデバイスの違いがあるので、そこは作り替える必要がある。大辞泉は、意識的にUI Kitにあまり依存しないようなユーザインタフェースにしておいた。

で、3日ほどコードをいじった結果、辞書の検索および検索結果の表示はできるようになった。

daijisen_osx

検索のためのソースコードは、ほぼiOSと同じ。表示に関わらない箇所は、ほとんど変更しないでいける。検索結果を描画するSayoriレンダリングエンジンも、5%程度の修正でいけた。まぁ、もともとクロスプラットフォームを見越して、機種依存部分を切り分けていたんだけど。

対応の手間が大きいのはコントローラ部分。iOSのUIViewControllerに、OS XのNSViewControllerを対応させているんだけど、両者の設計にはだいぶ差があるので、その吸収が腕の見せ所だね。

作業の結果、Xcodeのターゲット切り替えで、iOS版とOS X版のビルドを作れるようになった。

xcode_target

このOS X版をリリースするかどうかは、まだ不明。欲しいという声が多かったら、検討する。個人的にはいまの作業環境だと、辞書はiPhoneよりもMacで使うから、OS X版が欲しいなぁ。

あと、iOS版の大辞泉は、ただいまセール中。制限解除のアドオンが、2,000円→1,500円になっている。セールは明日までなので、よろしく。

大辞泉1.2を公開、および10万ダウンロード達成を記念して、セール開始!


daijisen_icon

iOSアプリ『大辞泉』、最新バージョンである1.2が公開されました!1.2では、検索一覧画面に画像サムネイルを表示したり、表組データの表示を実現したりと、さらに見た目にみがきをかけてきました。

daijisen_1307301

そして、ダウンロード数がついに10万を突破!公開日から3ヶ月弱での達成となりました。ダウンロードしていただいた方々、ありがとうございました。

そこで!1.2公開および10万ダウンロード数達成を記念して、初のセールを行います!フル機能とほぼ同じ意味である「利用回数の制限を解除」を、2,000円から1,500円に値下げしています!

セール期間は、来週16日までの一週間。もうすぐ夏休みに入る方も多いと思いますが、この機会に利用回数制限を解除して、ジックリと辞書をいじりたおしてみませんか。

ITメディアでインタビュー受けた


ITメディアでインタビュー受けたので、その記事が公開されております。

無課金でも機能制限なし──「大辞泉」アプリ無料化、“ソシャゲ風”課金モデルへの挑戦

大辞泉公開後の反応と、これからの戦略についてなどを話している。

あんまり人相のよろしくない写真が載っております。うーん、、、写真撮られるのは難しいね。

iPhone 5バッテリー膨張で交換


iPhone 5のバッテリーの持ちが、明らかに悪くなっていた。一晩充電したはずなのに、30分と持たずに切れて落ちてしまう。写真を撮るときは、一枚撮るとバッテリーが切れるので、最高の一枚だけを撮るようにする。これはこれで、アリのような。

遊びはともかく、仕事には使えないので、堪えかねて銀座のAppleストアへ。予約を入れておいたGENIUSバーでデバイスを見せると、一瞥しただけで、「バッテリーの膨張ですね」と。たしかに、膨らんでいるような気はしてたんだよ。ガラスが浮き上がって、押すとペコペコへこむし。そう言われりゃ、その通りだ。

その場で即デバイス交換という事になり、新しいのをもらってきた。無料。所要時間10分足らず。スムーズだった。素晴らしい。

現在、バックアップから復元中。これは時間がかかる。