カテゴリー : 2013年 5月21日

夢荘にてさんで、大辞泉紹介


夢荘にてさんで、新しい大辞泉を紹介していただきました。ありがとうございます。夢荘にてさんは、Mac時代からの老舗サイト。よく読んでいるサイトに紹介していただくと、嬉しいね。

大辞泉が使いやすく変身、そして回数制限付き無料、これまでのユーザーは回数制限解除

 最初の画面が検索になったのでスッキリ感が出たようです。これまでは紙を電子版に置き換えたようなゴチャゴチャしたスタート画面でした。やはり紙と電子版ではアプローチが違って良いはず。それに変身しました。それと、画像や動画も豊富、これも電子版のメリット。

そう。以前の『デジタル大辞泉』からは、大きくデザインコンセプトを変えた。いま流行の言い方をすれば、Skeuomorphismからフラットデザインへ、ってことになるかもしれないけど、ただのフラットじゃなくて、そこには色々と込められているものがある。それについては、また別のポストで。

大辞泉サポートページは、こちら
HMDT大辞泉Facebookページは、こちら

大辞泉1.0.1をApp Storeに申請


『大辞泉』アプリ、公開されて間もないんだけど、バージョン1.0.1をApp Storeに申請した。最初のバージョンである1.0申請後、すぐに1.0.1の開発にとりかかっていたからね。

1.0.1での修正項目は、以下の通り。

  • 本文検索のAND検索対応
  • 検索画面でのスクロール処理改善
  • 利用可能回数が回復しない事がある問題の修正
  • 『デジタル大辞泉』から追加コンテンツを引き継いだとき、ストアにおいて購入済みとする対応
  • 検索画面で長押しをしたときに操作できなくなることがある問題の修正
  • 他アプリからの検索連携に対応
  • 画面回転時にクラッシュすることがある問題の修正
  • 曖昧検索の改善
  • テキスト描画の改善
  • その他安定性の改善、動作速度の向上

いくつか補足しよう。「本文検索のAND検索対応」は、1.0では本文検索をするとき、2つ以上の語句を指定しても、ANDとしてしてされていなかった。それを、きちんと対応。たとえば、「ドイツ 詩人」を1.0と1.0.1で検索すると、次の通り。左が1.0、右が1.0.1ね。

「検索画面でのスクロール処理改善」は、スクロールにちょっともたつく感じがあったのを修正。これでキビキビと動くようになった。「利用可能回数が回復しない事がある問題の修正」は、文字通りの問題で、今回のアプリでは致命的な問題。修正しました。すいませんでした。

「他アプリからの検索連携に対応」は、どちらかというと開発者向けの機能。URLを使って、他のアプリから大辞泉で検索する事ができる。URLスキーマは、「hmdaijisen」だ。これに関しては、現在詳しいドキュメントを用意しているので、しばしお待ちを。

「曖昧検索の改善」は、棒引きに対する処理を改善した。たとえば、「iPhone(アイフォーン)」を検索するとき、1.0は「あいふぉおん」ではひっかからなかったのが、1.0.1では対応した。

その他、細かな修正や改善が含まれている。

審査にどのくらい時間かかるかは、これはもうApple任せなので分からないけど、5日から10日の間かなぁ。公開された暁には、アップデートをお願いします。

さぁて、1.1の開発にとりかかるぞ。

大辞泉サポートページは、こちら
HMDT大辞泉Facebookページは、こちら

『デジタル大辞泉』から追加コンテンツを引き継いだときの注意点


新しい『大辞泉』アプリは、その前身にあたる『デジタル大辞泉』から、各種引き継ぎを行える。まず、『デジタル大辞泉』を購入済みのユーザは、利用可能回数の制限無し!履歴とブックマークも引き継げる。そして、追加コンテンツである『大辞泉プラス』と『日本の歳事記』の購入履歴も引き継げる、んだけど、ちょっとそれについて注意を。

追加コンテンツの引き継ぎを行うと、『大辞泉』でそれらを利用できるようになる。確認するには、設定画面の「検索する辞書コンテンツ」の項目を確認してほしい。ここにあるスイッチボタンが使用可能なら、無事コンテンツが引き継げた、ということだ。

でも、ここで注意してほしい事がある。バージョン1.0では、購入履歴が無事引き継げても、ストア画面における追加コンテンツの項目は購入済みにならない。これは、App Store上では『大辞泉』と『デジタル大辞泉』は別物として扱われているからだ。したがって、ここで購入ボタンを押してしまうと、別途課金されてしまう。購入履歴の引き継ぎを行った方は、購入をしてしまわないように注意してほしい。

次のバージョンでは、購入履歴を引き継いだ場合でも、購入済みになるように変更を行います。

大辞泉サポートページは、こちら
HMDT大辞泉Facebookページは、こちら