4月 | 2012 | HMDT Blog

カテゴリー : 2012年 4月

HMDT JOURNAL Vol.008ようやく配信開始


HMDT JOURNALVol.008の配信がようやく開始!Vol.007から間が二週間空いてしまった。忙しかったんですよ、って言い訳はなしですよね。みんな忙しいんだから。

一本目は『たのしいiPhoneプログラミング』から。今回からは、プログラミングからは離れて、アプリを実機にインストールするための手順を紹介していくぜ。やっぱりiPhoneアプリは、iPhoneの中で動作してなんぼだもんね。

続いては『新Dynamic Objective-C』。Blockの話が始まった。Blockは、最近強化されたObjective-Cの機能の中でも、すぐに使える便利なもの。始めはちょっと文法に違和感があるけど、慣れたらもうこれなしではやってられない!

最後は『フォントとコードの話』。Core Textを取り上げています。HMDT JOURNAL の感想を色々いただくんだけど、取り上げてほしいフレームワークに必ずCore Textが入っているんだよね。そんなに興味あるのか、みんな。それとも、使いにくいと思われているのか。それともそれとも、やっぱり縦書きをやりたいのか。縦書きは今回で軽く触れているけど、そのうちじっくり時間をかけてやるぜ。

 

 

WWDC 2012


WWDC 2012チケット予約開始!買ったぜ!

今年は行くぞ!3年振りだ。

HMDTからは、私含めて3人で行く予定。仕事として行くという扱いなので、もちろん全額会社持ちでございます。

iOS 6とMountain Lionで、頭のはち切れそうな一週間になるでしょう。

HMDT JOURNAL総売上2,000突破


HMDT JOURNAL、Vol.007まで配信したけど、総売上ダウンロード数が、2,000を超えた。お買い上げいただきありがとうございました。2ヶ月程度の売上だけど、まぁ悪くないんじゃないでしょうか。

いままで紙の本もいくつか書いたけど、部数は初版3,000。ほとんどが、それでおしまい。これと比べると、2ヶ月で2,000っていう数字は悪くない。しかも、それぞれの号の売上が、落ちないんだよね。むしろ、ジワジワと増えている。固定の読者がついてくれた、ということか。

ネガティブな要素を挙げれば、きりがない。電子書籍で、ほとんど宣伝費をかけてなくて、技術書っていうもともとパイが小さいところで、さらにOS XおよびiOS専門っていうピンポイントすぎる領域で。

それでも、ちゃんと売れてくれてる。個人でも、電子書籍ならこんなことができる、ってことを示せたんじゃないか、って思う。

まだまだ続けるから。あと、ツールの方も定期的にバージョンアップしていくから。あと、昔の号の誤字を修正して更新もやるから。やることいっぱいだ。でも、楽しい。これは、ものすごく楽しい。

代々木公園で花見


昨日の東京はとても暖かくて、桜も満開。これはもう、花見しかないでしょう!ということで、やってきました。

場所は代々木公園。うちの会社から、歩いて15分くらい。まずは朝の9時に、4月から入社した新卒の新人君に場所取りを命じる。おぉ。絵に描いたような新人の仕事だ。やがて、場所がとれた、とマップにピンを打ったメールが届く。よし、ちゃんとiPhoneアプリの会社らしいネタもできた。

12時から、みんなで移動。代々木八幡商店街で、お惣菜や飲み物を調達。焼き鳥屋さんで予約していた、おまかせ30本セットも受け取る。そして、いざ代々木公園へ!

代々木公園の南門付近が、花見ポイント。行ってみると、やってるやってる!

絶好のコンディションだけど、さすがに月曜日なので、超混雑というわけではない。人はたくさんいたけど、隣とはほどよく離れている感じ。

ご飯を並べて、飲み物も準備して、乾杯!

あとはひたすら飲み食いしました。

気持ちよかったよ!

お昼にスタートしたんだけど、その後二次会にも行ったんで、夜中までずーっと飲みっぱなし。さすがに疲れた。

HMDT花見


東京は先週の週末から、絶好の花見日和。

ということで、本日弊社は午後から花見です。会社の近くの代々木公園で花見やっとります。

とりあえず、朝の9時に、新卒の新入社員を場所取りに派遣しました。これぞ、新人らしい仕事だ。

HMDT JOURNAL Vol.007配信開始


HMDT JOURNALVol.007の配信を開始した!Vol.006の配信開始からそんなに間が空いてないけど、前回のは審査がなかなか通らなかったという事なので。週刊ペースでVol.007は配信しとります。

007は、一発目は『iOS API探訪』。今回から、Core Imageの開始だ! Core Imageは、超高機能画像処理フレームワーク。Photoshopのフィルタみたいな処理が、簡単にできちゃう。カメラアプリなら、これを使うのは必須だぜ。でも、iOSのフィルタは、OS Xに比べると結構少ないんだよね。ちょっと残念。

続いて『たのしいiPhoneプログラミング』。地図アプリをさらに拡張中。今度は、ピンを落とせるようにしてみた。地図アプリだったら、これがないとね。プログラミング的には、新規クラスを作ったり、だんだんと複雑な操作が増えてきた。

最後は『フォントとコードの話』。前回はグリフを取得したので、今回はグリフを描画する話だ。これにはCore Graphics を使うんだけど、Core Graphicsとテキスト周りは座標系の話がややっこしくてね。何も考えないでやると、文字が反転した状態で描かれて驚愕する事になる。その辺りを説明した。あと、縁取り文字の描き方なんてのもやってみた。

HMDT JOURNAL Vol.006配信開始!


HMDT JOURNAL、ようやっとVol.006の審査が通ったよ。ってことで、配信開始!

  • たのしいiPhoneプログラミング
    第6回 地図アプリを拡張しよう!
  • 新Dynamic Objective-C
    第3回 ARC(3) ARCの実現手法を知る
  • フォントとコードの話
    第2回 グリフ

『たのしいiPhoneプログラミング』は、引き続き地図アプリを。ユーザインタフェースを拡張して、 地図のタイプを衛星写真とかに変更したり、現在地にジャンプするボタンを付けたりしたよ。だいぶアプリっぽくなってきた。作業のコツは、Interface Builderをうまく使うことだ。そのあたり、丁寧に説明してみたよ。

『新Dynamic Objective-C』は、ARCの話の最後。ARCの使い方は分かったけど、実際のところ何が行われているのさ?というところに突っ込んでみた。アセンブリコードを吐き出させて、そっから探っていっているぜ。そうすると、いつもは手作業でやっていたretainやreleaseを、コンパイラがビシバシと突っ込んでくれていることが分かった。なるほどねー、納得。

『フォントとコードの話』は、グリフの話。知らないと何が何だか分からない、このグリフ。その正体は?なんでグリフを使わなきゃいけないの?そもそもどうやって使うの?という話題を取り上げた。グリフを自在に扱えるようになると、狙った文字を表示させることができるようになるから、グッと楽しくなるよ。