HMDT - Logic and Intuition -

about HMDT

HMDT Journal

May, 2008

May 30

たのココこと『楽しいCocoaプログラミング』について。

おかげさまで、去年の発売以来、順調に推移している様子。お買い上げいただいた皆様、ありがとうございました。編集さんが、「この手の本には珍しく、返本率が低いんですよ」と、嬉しそうに話してくれた。出版の事情は分からないけど、そういうことらしいです。

ただ、よく問い合わせが来るのが、「Leopardには対応しないのか?」ということ。もともと、Leopardの発売と同時に出すつもりで進めていたんだけど、Leopardの発売が伸びていつになるか分かんねー、という状態だったので、Tiger対応になったんだよね。

最新技術をキャッチアップし続けなければいけないのは、技術本の宿命だよな、と思いつつ、編集さんとも打ち合わせを重ねた結果、Leopard対応を行うことにしました。たのココ改訂版を出します!

現在、すでに作業中。WWDCで新しいXcodeが発表されるであろうと予測して、そこで最終確認を行います。そして、印刷という流れ。だから、7月くらいに店頭に並ぶことを目標にしてます。

たのココを買おうとしたけど、Leopardに対応していないから躊躇していた方、もう少しお待ちください。まだTiger環境だから、Tigerでのプログラミングをしたいという方、なくなる前に、いますぐ買ってください。

てなわけで、まずたのココが出ます。

May 29

iPhone SDK beta 6来たー!3週間ぶりにアップデート。WWDCまでの日程を考えると、これが最後のベータ版だろうな!?あとは、WWDCで正式版が発表されるのを待つだけだよな!?

またしても大改修開始。

iPhone Developer Programのアクティベーションコードも来たー!早速アクティベートして、リリースほやほやのiPhone OS betaをダウンロード中。

本格的に開発環境の再構築しないと。

OSダウンロード完了。環境構築完了。そして、実機への転送テスト、、、オッケー!

やー、動いた動いた。自分とこの会社に実機での動作環境が出来ると、がぜんモチベーションが上がるねぇ。楽しいな。楽しいね。

May 28

AppleからiPhone Developer Programの登録手続き案内来たー!まずは金を払えというので、さくっと払ってやった。

これでHMDTでも大手を振ってiPhone開発を出来るぜ。まずは、開発用iPod touch買ってこよーっと。

May 27

Objective-C 2.0の本が出ることになってたんですな。著者は、Objective-Cと言えばこの人しかいないでしょう、の荻原先生。これは、もう、買うしかないでしょう。いや、買うべきだ。

May 22

気がついたら、WWDCのセッションスケジュールが発表になっていた。iPhoneがいっぱいあるー。Cocoaは、いまひとるパッとしないな。

でも、真に注目すべきは「Seesion to be Announced」のところ。いまだ発表されていない何かが登場する。極論すれば、WWDCで聞く価値があるのは、ここだけだな。

会社作ってから初めてのWWDCだけど、一緒に仕事した人たちとサンフランシスコで会うのが楽しみ。日本にいても会わないけど、サンフランシスコだと会うんだよね。

ご飯食べにいく予定など、アレンジしないと。

May 20

Core Animationにどっぷりとつかる日々。

だいぶ分かってきた。ポイントは、Presentation TreeとLayer Treeの違いを常に意識することだね。明示的アニメーションを行う場合は、アニメーションの開始直前に、Layer Treeの値を最終値に設定してしまうと楽だ。

で、いいのかな?考え込むと、どっちがLayer TreeでどっちがPresentation Treeだか訳分かんなくなる。

あと、Core Animationは1,000くらいのレイヤーは楽に動かせるというふれこみだったけど、これは本当だった。ただ、条件あり。

数千のレイヤーを同時に表示するだけなら、ぜんぜん問題ない。サクサク表示してくれる。でもいざアニメーションしようとするとき、その数千のレイヤーすべてを同時に動かそうとすると、これはきつい。さすがに滑らかには動いてくれない。

じゃどうするかというと、逐次的に動かすようにしてやる。いっせいにドカッと動かすのではなく、端からパタパタパタと動かすようにしてやる。これだと期待通りに滑らかに動いてくれる。

そういう視点でCore Animationのデモを見直してみると、なるほど、同時に動くものが最小限になるようになっているな。うーん、うまくだましてるな。

May 17

新しい人が増えたので、MacBookを買った。一番安いやつ。

そしたら、それが事務所での最速マシンになりました。新しいマシンは常にいい。私は、MacBook Airにひぃひぃ言わせながらコンパイルしてます。

先日、HMDTではプログラマとデザイナがほしい、って書いたけど、冗談めかしていたけど、けっこう本気です。

本気でHMDTと仕事したい人は、メール送ってください。mkino@hmdt.jpまで。仕事の種類は、色々です。でも、MacとiPhoneのアプリケーション作成というところが軸としてあります。仕事のやり方も色々です。社員、アルバイト、外注など、いろんな形態が考えられます。

大事なのは、まず技術力。そして、何がやりたいのかを明確にする意志です。自分がやりたいことがあり、それをやりとげる力がある。そんな人と仕事したいとHMDTは思っています。

基本的に東京近郊に住んでいる人が対象ですけど、遠くにいる人は、あれですよ。引っ越しましょう。その際の条件についても話し合いますし。

May 16

HMDT(株)に、新しいスタッフが増えました。待望の事務系スタッフだ。やった!

会社組織にしてから、一年間。小さい会社の常で、社長の人が経営から経理、事務、総務、備品の買い出し、部屋の掃除とゴミ出しと、全部やっておりました。もう無理っすー!だいたい経理とか給与計算とか、やったことないし。金勘定苦手だし。計算苦手だし。プログラマだけど。

頭の中が破綻しかけていたところ、手伝ってくれる人が現れました。嬉しー。

あとはあれだな。もう少しプログラマが欲しいな。

若くて、Objective-Cの経験があって、MacプログラミングやiPhoneプログラミングをやりたい技術者。そんな人がいたら即採用するけど、そんな人材はどこだって放っておかないよな。求人出しても、Objective-Cプログラマなんてひっからないだろうし。

あと、デザイナもなぁ。画像リソース作成の作業量は増える一方なので、これも手伝ってくれる人みつけないと。

May 15

WWDCのチケットが売り切れたって。すごいなー。史上初めてだって。

間違いなくiPhoneのおかげで、今年のWWDCは非Macデベロッパが大勢来ることになるのかも。Macプログラマではなくて、iPhoneプログラマの誕生だ。

基調講演のホールは、去年までもいっぱいで入りきらず、別会場に誘導されることがあったけど、今年はもっと大変なことになりそう。ジョブスを肉眼で見るためには、前日の夜から並ぶ必要があるかも。ビデオなら見れるだろうけどね。

日本でも、あちこちでiPhone Developer Programが承認されはじめた模様。うちも慌てて申し込んだ。でも、なんの音沙汰もなし。むーん。

May 7

iPhone SDK beta 5登場。二週間ごとに着実に出すことは、評価しよう。

んが!またしてもAPI変わり過ぎ!今回は、OpenGL周りで大変更が。いままでのは何だったんじゃい。これは評価出来ない。ぜんぜん出来ない。

いつまで続くんだ、この変更は。WWDCでも終わらないな。絶対終わらんよ。

こんなに変更しまくってたらさぁ、Design Awardどうすんだ?応募してもらったものの、新しいbetaが出たら、動作しない可能性がある。beta 5の時点で動作、ということにするのかな。beta 6が出たら、絶対動かんぞ。

back to top content

Copyright © 2002-2006 HMDT. All rights reserved.